三軒茶屋・池尻大橋・祐天寺・学芸大学・中目黒 小児科専門医による診療
世田谷公園前の小児科専門医
 

予防接種

予防接種で防ごうとしている病気は、子どもたちの命にかかわる重大な病気です。 世界中に数多くある感染症の中で、ワクチンで防げる病気〜VPD〜はわずかです。 防げる病気だけでも予防して、大切な子どもたちの命を守りましょう。
 
おこさまが『2ヶ月の誕生日』を迎えたら、予防接種を始めましょう!
特に初めての接種の場合、おこさまはもちろん、お父さん、お母さん、保護者の皆様もご心配と思います。
そのため、初回は十分にご説明の上で、接種を受けていただき、今後の接種スケジュールを決めていきます。
ご不明な点や、ご相談などお気軽にお申し付けください。

予防接種の詳しいQ&Aは、下記サイト(外部リンク)をご参照ください。
 
 

ロゴ木馬
 持ち物
ロゴ木馬

 
予防接種を受けられる際には、下記4点を忘れずにお持ちください。 
 

  1. 母子手帳
  2. 予診票
  3. 保険証
  4. 乳児医療証

 
※定期接種は、東京23区(世田谷区外の方も)の予診票が使用できます。
定期接種の予診票につきましては、お住まいの区から郵送されております。
任意接種の予診票は、事前にこのページの一番下からダウンロードいただくか、院内にご準備にございます。

ロゴクローバー
 定期接種(公費)
ロゴクローバー

  公費(無料)で受けられる予防接種です。お子様を守るための大切な予防接種なので必ず受けるようにしましょう。
当院では、感染予防のため14:00−15:00(新型コロナ感染症流行に伴い、15:30まで延長中です)に予防接種専用枠を設けておりますので、乳幼児の方は積極的にご利用ください。また、一般診療時間でも予防接種を行うことはできますので、お気軽にご相談ください。

 
定期接種につきましては、接種期間内は無料です。
下記には、定期接種期限外/23区外の場合の費用を記載しております。

 
 接種可能ワクチン ワクチン種類 自費価格/回 通常接種回数
ロタリックス
(ロタウイルス1価)
生(経口) 13,000円 2回
ロタテック
(ロタウイルス5価)
生(経口) 9,000円 3回
B型肝炎 不活化 6,000円 4回
ヒブワクチン 不活化 8,000円 4回
肺炎球菌ワクチン 不活化 11,000円 4回
四種混合 不活化 10,000円 4回
BCG(結核) 6,500円 1回
MR(麻しん・風しん) 10,000円 2回
水ぼうそう 7,000円 2回
日本脳炎 不活化 7,000円 4回
二種混合 不活化 4,000円 1回
ガーダシル※
(子宮頸がん4価)
不活化 16,000円 3回
サーバリックス※
(子宮頸がん2価)
不活化 16,000円 3回
 
 接種可能ワクチン ワクチン
種類
自費価格/回 通常
接種
回数
ロタリックス
(ロタウイルス1価)
生(経口) 13,000円 2回
ロタテック
(ロタウイルス5価)
生(経口) 9,000円 3回
B型肝炎 不活化 6,000円 4回
ヒブワクチン 不活化 8,000円 4回
肺炎球菌ワクチン 不活化 11,000円 4回
四種混合 不活化 10,000円 4回
BCG(結核) 6,500円 1回
MR(麻しん・風しん) 10,000円 2回
水ぼうそう 7,000円 2回
日本脳炎 不活化 7,000円 4回
二種混合 不活化 4,000円 1回
ガーダシル※
(子宮頸がん4価)
不活化 16,000円 3回
サーバリックス※
(子宮頸がん2価)
不活化 16,000円 3回
  ※に関しましては、お取り寄せ後の対応になりますので、一度お問い合わせ下さい。
なお、お取り寄せ後はキャンセルは不可ですのでご了承下さい。

 
ロゴ木馬
 子宮頸がんワクチン
ロゴ木馬

 
子宮頸がんワクチンは2013年に定期接種となりましたが、広範囲に広がる痛みや手足の動かしづらさ、不随意運動が後遺症と残ると報告され、マスコミに大々的に報道され、積極的な接種勧奨の一時停止とされております。
しかし、多様な症状の原因が子宮頸がんワクチンであるという科学的証拠がなく、子宮頸がんワクチンとの関連は否定されています。現在は、注射で針をさす行為によって一定数起こりうる反応の一つと考えられております。海外では、もちろん数多くワクチン接種が現在もされておりますが、このような副作用との関連は示唆されておりません。現在、HPVワクチン接種後に生じた重篤な症状の割合は、1万人に5名と報告されております。
日本では毎年1万人が子宮頸がんにかかり、約3千人が亡くなっており、近年は若い世代で多くなっておりピークは30代です。20代、30代の女性で子宮頸がんのために妊娠できなくなる女性が毎年1200人います。
 
子宮頸がんワクチンで、現在定期接種の適応となっているのは、ガーダシル(4価)とサーバリックス(2価)のワクチンです。価数は、防げるヒトパピローマウイルスの種類の数のことで、ガーダシルは、6,11,16,18型を、サーバリックスは16,18型をカバーしております。16,18型は高リスク型ガンに関連し、6,11型は尖圭コンジローマに関連しております。これらは、子宮頸がんの予防という観点では、約65%カバーしております。
 
おこさまの将来を考えて、子宮頸がんワクチンにつきましていま一度ご検討ください。
 
下記は厚生労働省のHPになります。詳しくパンフレットになっておりますので、是非御覧ください。

ロゴクローバー
 任意接種(自費)
ロゴクローバー

 
自己負担(有料)での接種ですが、重大な病気を予防する大切な予防接種です。
予約制で行っておりますのでお問い合わせください。
尚、下記に記載がないワクチンにつきましても、お気軽にご相談ください。
 

〜なぜ任意接種が必要か?〜

ロゴ木馬
 おたふくかぜ
ロゴ木馬

 おたふく風邪は、発熱と耳下腺(耳の下の唾液腺)が腫れるムンプスウイルスによる感染症です。軽い感染症と思われがちですが、髄膜炎は10〜100人に1人にみられ頭痛がひどく入院することもあります。脳炎・脳症の合併は稀ですが後遺症や死に至ることもあります。また、ムンプス難聴は1000人に1人に見られ後遺症を残すことも多いです。その他にも、精巣炎、卵巣炎、膵炎の合併もあります。
 

ロゴ木馬
 インフルエンザ
ロゴ木馬

インフルエンザは、例年1,000万人/年罹患する疾患です。小児はそのうちの4割と言われております。入院患者数は2018/19シーズンでは約2万人で、そのうち小児は5,000人です。最も重い合併症はインフルエンザ脳症ですが、同シーズンでは10歳未満では年間約150人罹患します。インフルエンザ脳症の死亡率は30%で、後遺症が残る割合も25%です。その他にも、インフルエンザ肺炎で人工呼吸器やECMO等を要することもあります。
インフルエンザワクチンは、罹患を防ぐ目的としてよりも重症化を防ぐ目的が大きいです。小児では重症化への有効率は不明ですが、成人では死亡を80%減らせるとされております。なお、小児ではインフルエンザウイルス感染症にかかる割合を20〜60%減らすことができます。
 

ロゴ木馬
 三種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風)
ロゴ木馬

百日咳を防ぐために、三種混合ワクチンの二回接種を推奨しております。
・小学校入る前の1年間
・11〜12歳(二種混合ワクチンの代わり)
四種混合ワクチンを接種することで防げていた百日咳は、5,6歳から患者数が急増します。これはワクチンの効果が薄れてきて罹患すると考えられます。そのため、日本小児科学会では、小学校に入る前の1年間に1回、11歳の二種混合の代わりに1回の計2回のワクチン接種を推奨しております。
百日咳は、顔が真っ赤になるほどの発作的な咳がひどくなり、咳が3ヶ月長引く疾患です。特に赤ちゃんは、息ができなくなり、突然死や、肺炎・脳症などの合併もあるため周りの人が防いであげることが重要となります。
 

ロゴ木馬
 不活化ポリオワクチン
ロゴ木馬

ポリオを防ぐために、小学校入る前の1年間に接種を推奨しております。
ポリオ感染症は、重篤な場合には麻痺を引き起こし、後遺症が残ります。また、有効な治療法がなく、ワクチン接種が唯一の予防法です。
 
不活化ポリオは、0,1歳で行う、四種混合ワクチンに含まれております。ただし、接種から時間が経つと抗体が徐々に低下してしまうため、5回目の接種をすることで抗体を高く維持することができます。
 
また、海外渡航前のワクチンとしては、野生株ポリオが流行しているアフガニスタン、パキスタンのほか、ワクチン由来ポリオが発生している国(インドネシア、中国、フィリピン、マレーシア、ミャンマー、アンゴラ、エチオピア、ガーナ、カメルーン、コートジボワール、コンゴ民主共和国、ザンビア、チャド、中央アフリカ共和国、トーゴ、ソマリア、ナイジェリア、ニジェール、ベナン、モザンビーク)に渡航する人は追加接種を検討してください(2019年12月現在)。WHOでは、患者が発生している国に渡航する場合には、以前にポリオの予防接種を受けていても、渡航前に追加の接種をすすめています。特に、1975年(昭和50年)から1977年(昭和52年)生まれの人は、ポリオに対する免疫が低いことがわかっていますので、海外に渡航する場合は、渡航先が流行国でなくても、渡航前の追加接種を検討してください。
 

ロゴ木馬
 子宮頸がんワクチン
ロゴ木馬

 
〜ガーダシル(4価):男性適応追加〜
HPVは子宮頸がんの原因となるだけでなく、男性もかかる中咽頭がん肛門がん陰茎がんなどの原因にもなります。
そのため、世界では77か国が男子接種を承認し、アメリカ、イギリス、オーストラリアなど24か国で公費接種も行われています。
日本では、これまでは子宮頸がんへの感染を防ぐ目的で日本では女性のみが接種対象となっていましたが、男性へ接種対象が拡大された形です。
性的な行為でうつし合うことがわかっていますので、9歳以上で、かつ、初めての性行為の前に接種することが効果的と考えられます。
 
〜シルガード9(9価):女性のみ〜
子宮頸がんワクチンで、現在定期接種の適応となっているのは、ガーダシル(4価)とサーバリックス(2価)のワクチンです。価数は、防げるヒトパピローマウイルスの種類の数のことで、ガーダシルは、6,11,16,18型を、サーバリックスは16,18型をカバーしております。16,18型は高リスク型ガンに関連し、6,11型は尖圭コンジローマに関連しております。これらは、子宮頸がんの予防という観点では、約65%カバーしております。
シルガード9は、ガーダシルの6,11,16,18型に、高リスク型癌に関連した31,33,45,52,58型が追加され、子宮頸がんの予防の観点では88.2%カバーできるため、定期接種のものと比べ、より効果が高いワクチンとなっています。
ただし、2020年7月に承認されたばかりであり、まだ定期接種になっておりません。安全性は、第3層臨床試験までにガーダシルとの差はなく、死亡例も降りません。また、現在は『全例登録による強化安全監視活動』中のため、ご家族の方にはお手間となってしまいますが、ワクチン接種後の『ワクチンQダイアリー』の登録をお願いしております。
ひと手間かかり、定期接種の代わりの自費での接種となりますが、より効果が高いワクチンのため、ご検討ください。
 

ロゴ木馬
 A型肝炎
ロゴ木馬

A型肝炎は加熱処理されていない食べ物や飲み物から感染する病気で、アジア、アフリカ、中南米に広く存在します。発症すると倦怠感が強くなり、重症になると1か月以上の入院が必要となる場合があります。特に途上国に長期(1か月以上)滞在する人におすすめするワクチンです。特に60歳以下の人は抗体保有率が低いため、接種をおすすめします。
ワクチンは2~4週間隔で2回接種します。6か月以上滞在するのであれば6か月目にもう1回接種すると少なくとも5年以上の効果が続くとされています。
 

ロゴ木馬
 髄膜炎菌
ロゴ木馬

髄膜炎(脳の周りを覆う髄膜の炎症)は様々な細菌、ウイルスが原因となって起こる病気ですが、その中でも髄膜炎菌(Neisseria meningitidis)は、髄膜炎の大きな流行をもたらします。 髄膜炎菌は感染者の呼吸中に生じる飛沫や咽頭分泌物を介して感染します。感染者とのキスやコップの共用などのほか、狭い空間での共同生活(寮生活)など、長時間の緊密な接触が感染の原因となります。
 
そのため、推奨される方は、
・共同生活(寮生活など)をされる予定のある方
・免疫抑制患者やHIV感染者などの方
・髄膜炎菌の流行地域に渡航される予定の方

髄膜炎菌にはいくつかのタイプがあり、A群はアフリカのサハラ砂漠の南側、髄膜炎ベルト地帯と呼ばれる大西洋からインド洋に至る東西に細長い地域が流行の中心ですが、メッカへの巡礼などにより西アジアでも時に流行が見られます。日本や欧米でもB群、C群、Y群、W-135群などが学生などの間で集団感染を起こします。
予防には、髄膜炎菌のA、C、Y、W-135に対する4価結合型ワクチンが有効ですが、このワクチンではB群は予防できません。
米国のように髄膜炎菌ワクチンを小児(10代)の定期接種としている国もあり、このような国へ留学する場合には、入学前に接種済証の提示を求められる場合があります。
 

ロゴ木馬
 狂犬病
ロゴ木馬

狂犬病は、発病すればほぼ100%が死亡する病気です。アジア・アフリカ地域を中心に世界中で発生しており、発生が確認されていない国はオーストラリア、ニュージーランドなどごくわずかです。イヌだけでなくキツネ、アライグマ、コウモリなどの動物に引っかかれたり、咬まれたりすることによって感染する危険性が高く、長期滞在、研究者など動物と直接接触し感染の機会の多い場合や、奥地・秘境などへの渡航ですぐに医療機関にかかることができない人におすすめするワクチンです。
ワクチンは2種類あり接種方法が異なりますが、いずれも暴露前の場合は基本的には3回の接種が必要です。
 

ロゴ木馬
 破傷風トキソイド
ロゴ木馬

破傷風菌は世界中の土壌の至る所に存在し、日本でも毎年患者が発生しています。破傷風は傷口から感染するので、冒険旅行などで怪我をする可能性の高い人におすすめするワクチンです。特に、途上国では、けがをしやすく、命に関わることもあるので、接種を検討してください。
破傷風ワクチンは1968年(昭和43年)から始まった3種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風、百日せき)に含まれていますので、定期予防接種で破傷風・ジフテリアワクチンを12歳の時に受けていれば、20代前半位までは免疫がありますので、接種は不要です。その後は、1回の追加接種で約10年間有効な免疫がつきます。現在、小児の定期接種では、ジフテリア・百日咳・ポリオとの4種混合ワクチン(DPT-IPV)、ジフテリア・百日咳との3種混合ワクチン(DPT)、ジフテリアとの2種混合ワクチン(DT)が用いられます。

 
 接種可能ワクチン ワクチン種類 自費価格/回 通常接種回数
おたふくかぜ 4,500円 2回
インフルエンザ★
(2020年度)
不活化 3,300円 2回
(6ヶ月〜12歳)
1回
(13歳〜大人)
3種混合※ 不活化 5,000円 3回
不活化ポリオ※ 不活化 10,000円 4回
 ガーダシル(男子)※
(子宮頸がん4価)
不活化 16,000円 3回
シルガード9(女子)※
(子宮頸がん9価) 
不活化 27,000円 3回
A型肝炎※ 不活化 8,000円 3回
髄膜炎菌※ 不活化  25,000円 1回
狂犬病※ 不活化 16,000円 3 or 6回
破傷風トキソイド※ 不活化 3,000円 3回
 
 接種可能ワクチン ワクチン
種類
自費価格/回 通常接種回数
おたふくかぜ 4,500円 2回
インフルエンザ★
(2020年度)
不活化 3,300円 2回
(6ヶ月〜12歳)
1回
(13歳〜大人)
3種混合※ 不活化 5,000円 3回
不活化ポリオ※ 不活化 10,000円 4回
 ガーダシル(男子)※
(子宮頸がん4価)
不活化 16,000円 3回
シルガード9(女子)※
(子宮頸がん9価) 
不活化 27,000円 3回
A型肝炎※ 不活化 8,000円 3回
髄膜炎菌※ 不活化  25,000円 1回
狂犬病※ 不活化 16,000円 3 or 6回
破傷風トキソイド※ 不活化 3,000円 3回
 ※に関しましては、お取り寄せ後の対応になりますので、一度お問い合わせ下さい。
なお、お取り寄せ後はキャンセルは不可ですのでご了承下さい。
★に関しましては、世田谷区在住1歳〜15歳(中学生)は1回に付き1,000円の助成あり(院内に用紙あり)
予診票をダウンロードして事前にご記入頂いたものをご持参ください。待ち時間が短縮できます。