おねしょ(夜尿症)について

夜尿は、"5歳以降で1ヶ月に1回以上の夜尿が3ヶ月以上続く場合"をいいます。

  • 5〜6歳で約20%
  • 小学校低学年で約10%
  • 10歳を超えても5%前後
  • 中学生では1〜3%

の小児に見られ、小児では感染症、アレルギーにつぐ頻度の多い病気です。
夜尿の存在は、肉体的にも精神的にもお子様の生活の質を低下させるため、積極的な治療が必要です。
当院では、夜尿症のお子様に積極的に検査・治療を行っております。
"おねしょ"でお困りの方は是非ご相談ください。

検査

  • 尿検査
  • 超音波検査
  • 血液検査

治療

小学校入学前は生活指導・行動療法、小学生以降は積極的治療(抗利尿ホルモン薬、アラーム療法、抗コリン薬など)を追加して行います。

また、診察の順番は基本的に予約に基づきますが、症状の程度に応じて順番が前後しますので、ご理解とご協力をお願いいたします。